王子の狐

王子のきつね

昨年末も王子の狐の行列は開催できませんでした。
例年、海外からも多くの参加者がありましたし、
王子稲荷神社にはたくさんの人が集まっていました。
コロナ禍の第八波ということもありしかたがないものの
人間の目には見えませんでしたが、きっと今年も
関東の狐が榎のもとで装束を整え、狐火を燈して
参集していたに違いありません。

行列はできませんでしたが、今年も初詣で多くの参拝者が集まっていました。

宣伝になりますが、当方で製作しており、渋沢x北区飛鳥山おみやげ館にて

販売中の「銀製 狐面の根付」も宜しくお願いします。

 

今年は開催できるといいですね。

 

 

 

 

第29回北区伝統工芸展WEB開催が 以下2媒体で広報されます。


ご好評をいただいております第29回北区伝統工芸展WEB開催が
以下2媒体で広報されます。

・広報済
 赤羽経済新聞(現在アクセスラインキング2位です!)
 https://akabane.keizai.biz/headline/430/

・これから広報予定
 J:COMチャンネルの「ジモト応援!つながるNews」という番組
 https://c.myjcom.jp/jch/tsunagarunews/ (番組の概要)
  ※令和4年2月10(木) 17:00~
   板橋・東京北エリアに加え、練馬・新座・和光エリア、
   府中・小金井・国分寺/武蔵野・三鷹エリア、多摩エリアで放映予定
  ※北区公式YouTubeに掲載している動画を使って番組を制作されるそうです

「第29回北区伝統工芸展WEB開催」

先般お伝えしました
令和3年度開催の「第29回北区伝統工芸展WEB開催」では
12/15 12時より
会員其々の素晴らしい動画を見ることができます。

【WEB開催】北区伝統工芸展|東京都北区

当工房では、二代目と信一と動画は分かれているものの
通常の製作風景(信重ブランド)として、帯留めを共作しております。
切り嵌め象嵌を二代目信重、煮色仕上げを信一が担当しております。
(基本的には人物紹介となっております)

 

f:id:GINkoubouKOJIMA:20211214054800j:plain

「第29回北区伝統工芸展WEB開催」

f:id:GINkoubouKOJIMA:20211214054851j:plain

帯留

 

【WEB開催】第29回北区伝統工芸展」

令和3年度開催の「第29回北区伝統工芸展」は、新型コロナウイルス感染症拡大防止および
お客様の安全のため、WEB開催といたします。
 伝統の技を継承する職人たちが心を込めて制作した工芸品の数々と熟練の技を、写真と動画で掲載する予定です。
開催時期は12/15 12時から公開されます。
ポスターやチラシ記載のQRコードからのアクセス。
もしくは、「北区 伝統工芸」でご検索ください。

【WEB開催】北区伝統工芸展|東京都北区


*WEB開催:それぞれの職人技をWEB上の動画として視聴できます。
*携帯電話での動画の視聴に関しましては、WiFi環境をお勧めします。

 

f:id:GINkoubouKOJIMA:20211214054238j:plain

第29回北区伝統工芸展」

f:id:GINkoubouKOJIMA:20211214054320j:plain

 

七宝とべっ甲の銀製蜻蛉

 

共工房のコラボレーションシップにより

2009年に、第三回東京都の伝統的工芸品 チャレンジ大賞に出品するため
合作で製作をした、「とんぼ玉と七宝の銀製とんぼ」がございます。(下記URL)

http://www.ginkouboukojima.jp/gkk_collabo_colabotonbo.html

2021年版として、この蜻蛉のオーダーメイドを個人の方からいただきました。
いわば、合作の蜻蛉の二代目でございます。

今回は、「七宝とべっ甲の銀製蜻蛉」として製作させていただきましたので

画像を公開させていただきます。

 

f:id:GINkoubouKOJIMA:20210923225025j:plain

 

羽裏もオーダーメイドで縁起のよいものになりました。

 

そもそも、意匠の発案に関してですが、
ルネラリックの「トンボの精」を観ていいなあと思い

ガラス素材などとも合作で、日本的技で表現できないか?
と考えたからでした。

 

トンボを浮遊感を持たせながらもしっかりと支える台も

銀製で、ファベルジェのイースターエッグのスタンドを

リスペクトしております。

 

当初は大変苦労しましたが、出来上がると各職人さんのご協力を頂いて、

技が合わさって見応えのある逸品になったと自負しております。